北杜所有の太陽光発電施設への植栽の要望

12月初め、北杜市所有の北杜サイトの太陽光発電施設の植栽について
話し合いが行われました。
下記の手紙を事前に、
北杜市市長(渡辺英子氏)宛てに出し、今回は、北杜市サイトの担当者の皆様と
前向きな話し合いを行うことができました(北杜市 生活環境部から3名、建設部まちづくり推進課から2名)。
この施設が作られた当時は、太陽光発電のPRを目的にした側面もありましたが、
時代は変わり、今では、景観を破壊する施設として、全国で問題が起きており、
今求められていることは、自然・景観に配慮し調和した施設であることです。
そのような時代の変化について、行政側も理解を示し、植栽を検討するとのことで、
近いうちに、中央道沿い、及び周辺に植栽が実施されることが期待できる話し合いとなりました。
皆様、中央道を通る時は、植栽の動きがあるか、是非、注目お願いいたします。
下記は、北杜市に出した手紙の一部です。

北杜市長渡邉英子殿
北杜サイト太陽光発電所(旧NEDO北杜サイト)の中央道沿いへの植樹のお願い
(前略)
標記施設は、前市長時代に、太陽光発電の実験及び推進施設として、建設されたものと理解し
ております。当時、当会は、中央道沿いに、素晴らしい八ヶ岳を望む地の景観と調和するよう、
植樹とフェンスや建物、看板の茶色化を要望しました。その結果茶色化は実施されましたが、植
樹については、太陽光発電のPR 目的から、中央自動車道から見えるようにと、植栽はされませ
んでした。
しかし、時代は変わりました。今では、太陽光発電施設は、景観破壊の代名詞となり、太陽光発
電施設に関し、景観との調和に取り組んでいる自治体かどうかを問われる時代となりました。
北杜サイトの太陽光発電の促進及び実験施設としての役割は、既に終了したとおもいます。
今求められていることは、景観との共存・調和です。
(中略)
ここに、景観と共存する太陽光発電施設のモデルとして、植栽を実施することを要望いたします
(以下 省略)