太陽光施設に植樹実施

日照時間の長い八ヶ岳南麓には、太陽光発電施設が数多く作られています。 
残念ながら、景観への配慮は遅れ、八ヶ岳の美しい自然の中で異質な空間を生んでいます。
そんな中、在来樹木で目隠しを作りたいという話しが舞い込みました。
ポット苗を使って、「施設の目隠しに植栽を」と呼びかけた印刷物を見ての問い合わせでした。
s-太陽光 自然電力 1706  (2)
る場所も決まり、いよいよ植樹開始。
早速、穴掘り担当が、穴掘りです。
s-太陽光 自然電力 1706  (3)
穴掘っている間に、どの苗を植えるか、できるだけいろいろな苗を混ぜながら、また
日当たりなども考えながら、苗を穴に置いていきます。
そして、 苗を、水の入ったバケツに入れて水を含ませてから、植えていきます。
s-太陽光 自然電力 1706  (5)
保湿、栄養、草防止を考えて、苗ごとに、落ち葉と藁を置いていきました。
乾燥しているので、水も苗にやりました(通常は、やらなくても大丈夫)。
s-太陽光 自然電力 1706  (6)
落ち葉が飛ばないように、落ち葉の上に藁を敷いてやりました。
苗がもう少し密にあれば、競争して成長が促進されるのですが、
雨が降れば、根が元気に伸び始めると思います。
そして、秋には、背丈も少し高くなると期待しています。