植樹のお願い作戦 太陽光発電施設

八ヶ岳では、太陽光発電がどこを通っても目に飛び込んで来るようになってきました。
これは、北杜市が、太陽光発電施設を、景観の価値を無視して、推進してきた結果です。
八ヶ岳の世界に誇れる自然景観が泣いています。
そこで、当会では、発電所の所有者に手紙を送って、植樹の対応をお願いすることにしました。
今回、早速北杜市を代表する人に、手紙を出しました(下記は手紙一部)。
微力ですが、所有者の良心と、景観を守る気持ちの発奮に期待をしています。
s-Taro-asking planting around sol
太陽光発電施設に関しては、北杜市のいろいろなところで問題が起き、いろいろな団体やグループが
問題提起をし、行政へ改善の要望などを行っています。
小淵沢では、家がソーラーパネルに囲まれる事態になり、今、裁判に持ち込まれています。