わくわくドキドキ景観探検~旧清里・樫山の里(1)

日時 :2004年1月8日(木) 9:30~12:00

初雪で、寒々とした朝も、歩き始めると、青空の晴天。
新春第1号の景観探検は、コースよし、天気よしの最高のWalkでした。


場所は、昔の清里の中心地「清里」。現在の北甲斐亭がある ところで、駅周辺の清里からは想像もつかない静けさです。
「わあ、のどか~!」の叫び声。
ここ「清里」は、山里ということばがピッタシ。 民話が一杯生まれそうな里です。宮沢賢治の「風の又三郎」の舞台になったという説もあります。
まずは、由緒ある赤松の風切り(防風林)から出発。以前は粗大ゴミの山だったとか。


この地区に伝わる「三社まいり」(下参照)をしながら、 田園の向こうに見える八ヶ岳の風景に感嘆し、写真をパチパチ! 赤岳、阿弥陀岳、権現の頂が昨晩の雪で一層美しく見えました。
最後に、松の風切り(防風林)を通っているときに、風の三郎(八ヶ岳おろしのこと)が阿弥陀岳から下りてきました。 宮沢賢治も、きっとこの風を体験した!と勝手に想像


歩く人を考慮して舗装にしなかった農道に感謝しつつも、 コンクリートの法面、そしてガードレールの存在が、田園風景を乱すのが、ただただ残念でした。


「あ~、あのガードレールがなけりゃ、いいのにねぇ。」
「あ~、あのコンクリートの法面が目立つなぁ。」
「あ~、あの電信柱がなけりゃ、甲斐駒がきれいなのになぁ。」


しかし、この地区の景観は想像以上の素晴らしさでした。
この橋、架け替えられても木製になりました。
地域の人の努力に感謝です。

この地区は、「柏前の牧」(カイワザキノマキ)として古くから知られた 馬の名産地で、その歴史に育まれた心意気を感じる里でした。
(注1)
この地区には、「三社まいり」といって雨乞いを八ヶ岳権現の社に、
晴天を日吉神社に、暴風雨よけを風の三郎社にそれぞれ部落の代表が
毎日当番として代参していたと言います。