修景

ガードレールを茶色にペイント。八ヶ岳がキレイに見えま~す! 

今日は、ペンキ日和の秋晴れ。 
八ヶ岳も富士山も、南アルプスもくっりき見え、ペンキを塗りには最高のセッティングです。
場所は、大泉町の富谷交差点あたり。ここは山が360度見渡せる八ヶ岳でもとびきりの場所。
でも、そんなすばらしい景観を邪魔する白いガードレールがあります。
そのガードレールを茶色に塗り替えました。  
色は、国が推奨している濃い茶は10YR2/1(ダークブラウン)です。
Before & Afterをお楽しみください。
s-1711 yatsu before
    塗り替え前  BEFORE   八ヶ岳を望む 手前の白が目に付く 
        ▼
    塗り替え後  AFTER
s-1711 yatsu after
気持ちいい。 白に邪魔されず、八ヶ岳がすっきりキレイに見える
s-1711 alps before
   塗り替え前  BEFORE   南アルプスを望む  ガードレールが邪魔 
        ▼
   塗り替え後  AFTER
s-1711 alps aftre 2
田園、山そして南アルプスと、近景から遠景と雄大な風景が連続し一体化しました。 
絶好の写真スポットになりました♪。 
s-1711 風景ペイント (6)
白のガードレールを茶色にしよう!と、各自、好きな所に散らばって、塗り替え始めました。
ガードレールの表と裏、そして支柱、しかも、距離も長い。 今日中に終わるだろうかと、ちょっと心配。
でも、この眺望とこの晴天で、ペンキ塗りはどんどん進んでいます。
s-1711 風景ペイント (10)
この景観ペイントは、八ヶ岳南麓風景街道の会の主催ですが、
八ヶ岳南麓景観を考える会 の会員も4人が参加。 私たち、結構手慣れています。
s-1711 風景ペイント (14)
自分たちの手で、景観がきれいになるので、とっても楽しく充実感を感じるイベントです。
富士山も、足下がきれいになって喜んでくれているかな。 
s-1711 風景ペイント (19)
多数の住民の皆様の参加、 有り難うございました、お疲れ様でした!
おかげで、 予定より早く完了しました♪。
10YRを表すYRポーズで、みんなでヤッタァー!
来年は、東隣のガードレールを塗り替えます。 みなさま奮ってご参加を!

景観に配慮した看板へ

数年前、大泉町石堂交差点にあった看板が、 景観への意識を共有して看板を
変更された。 これをモデルに、最近では、派手な看板は少なくなっている。
s-s-パノラマ石堂交差 155x201両面
         
茶色地に白文字に変更された。 
色が落ち着き、文字が目立ち始めた。広告の効果は大きくなったのではないか。
s-s-パノラマ塗り替え

赤い橋駐車場で、風景ペイント実施

秋の紅葉の前に、赤い橋の駐車場の柵を
周囲の風景に馴染む、茶系の色に塗り直しました。
今年で6回目となるペンキ塗り直し活動は、今年から、「景観向上プロジェクト」の
「風景ペイント」という、名前になりました。
紅葉で有名な駐車場、でもそこには、周囲の景観に「溶け込まない」
白い柵がありました。
s-赤い橋の駐車場ペンキ前
そして、今回、八ヶ岳南麓風景街道の会で、
ガードレールの濃い茶より少し薄めの茶系に塗り直しました。
紅葉に染まる山を背景に、ここで写真撮る人増えるかな?
s-赤い橋の駐車場ペンキ後1610
この色は、後のドウダンツツジの幹の色を参考にしながら、「周囲の景観に溶け込む」
10YR4/1(マンセル値)にしました。 
s-赤い橋の駐車場ペンキ注意1610
北杜市職員が作ったこのペンキ塗り立て看板、好評でした。 
今後どこかに説明書きを残そうという話がでています。
今回、ペンキ塗り替えに参加されたみなさま、お疲れ様でした。
みんなで、塗り替えて、日本一美しい高原風景をめざしています。

ペンキ塗り替えで、景観アップ

10月4日、八ヶ岳南麓風景街道の会で、
恒例のペンキの塗り替え作業を行いました。
久しぶりの快晴、気持ちよい朝です。
s-151004 paint
今年は、昨年に続いて小淵沢町の三峰の丘です。
いよいよ開始。
サイクリングのイベントの参加者たちが、どんどん来ます。
約1時間半の作業で、無事塗り替え作業終わりました。
詳しくはこちら

修景

2015年以前の活動は、こちらをご覧下さい。