在来樹木の育苗

ポット苗の冬の越え準備完了

今年は11月下旬に、ポット苗の冬越え作業をしました。
今年は、冬越えさせるポット数が少し減ったため、
剪定、土の追加、堆肥をやったり、 更に、防草シートを張り直すなど、
今まで冬にできなかった作業ができました。
s-1711 冬作業 ポット苗 (1)
藁を敷いて、しっかり冬の寒さを防御。
s-1711 冬作業 ポット苗 (3)
来春、土を平らにして、また防草シートをはります。

森の復元にポット苗を利用

在来樹木のポット苗が、森の復元に使われることになりました。
NPO法人八ヶ岳南麓景観を考える会 では、数年前から、「樹木を育てる会」と協働で、
八ヶ岳の在来樹木のポット苗を育てています。 
その目的は、ずばり、八ヶ岳の景観を守ること。
そのためには、八ヶ岳在来の樹木による森作り・庭造りが必要との思いから、在来樹木の苗を育ててきました。
この秋、大泉で違法伐採された所が、私たちのポット苗で、森が復元されます。
今その出荷準備におおわらわです。
ポット苗出荷準備06
苗の状態、本数、札がついているか等、
手作業で1本づつ確認の作業を行いました。
ポット苗出荷準備01
運び出しやすい様に、品種ごとにきれいに並べて整えました。
いつもたっぷり時間をかけて、1本一本しっかりと水やりしている苗。
八ヶ岳南麓の空の下、青々とした葉をつけ元気に育っています。
ポット苗出荷準備02
こちらはコナラ。
1709出荷 (4)s
こちらはアズキナシ。
いよいよ出荷を待つだけです。 八ヶ岳の森になあ~~れ!

「在来樹木のポット苗で自然づくり」

在来樹木のポット苗で自然づくり、森の復活、目隠しができます。
3版 ポット苗ちらし 表 樹木 景観の会 s
3版 ポット苗ちらし ura 樹木 景観の会 s

「八ヶ岳在来樹のポット苗」 

八ヶ岳の在来樹木をポット苗にしています。
ポット苗で、自然の庭ができます、 太陽光発電施設の周囲に植えて自然の林に。
s Taro-在来樹木 表 3分割 景&樹
s Taro-在来樹木 裏 3分割 景樹

樹木を育てる会では、冬越えの準備中

八ヶ岳の在来種を植えて、八ヶ岳の森林景観を守ろうと始まった
八ヶ岳在来樹木のポット苗の育苗活動。
樹木を育てる会と協働で育てています。
ポット苗も、すべて葉をおとし、冬の装いとなりました。
明日は、樹木を育てる会やお手伝いのみんなと冬越え作業です。
有機肥料をやり、藁を置き、トレイをおろすなどすると、
無事冬を迎えることができます。
今は、冬越え作業の前にと、みんなでポットの草抜きなどなど、毎日頑張っています。
いろいろなところで、植えていただければ、八ヶ岳の自然景観づくりに一役、
みなさまよろしくお願い致します。